TAMAROBOCONたまロボットコンテスト

工業高校部門~EV3を知ろう!~

東京都立産業技術高等専門学校 電気電子工学コース 宮下充

レゴマインドストームEV3

  • レゴマインドストームは、ロボット教育用に開発されたレゴのキットである
  • 現在では、世界中の教育機関で使用されている
  • レゴマインドストームEV3は、レゴマインドストームシリーズの第3世代である

 

レゴマインドストームEV3を開けてみよう

  • 細かいパーツがあるので、紛失等に十分に注意をして取り扱うこと
  • まずは、EV3本体を取り出す

 

EV3本体の観察

 

モーターの確認

  • 以下の2つの物を取り出す

 

センサーの確認1

  • 以下のセンサーを取り出す

 

センサーの確認2

  • 以下のセンサーを取り出す

 

EV3の電源を入れてみよう1

  • EV3に専用バッテリーを接続する

 

EV3の電源を入れてみよう2

  • EV3中央の濃いグレーのボタンを押す
  • EV3のボタン周辺が赤く光る。画面にはStartingの文字が表示される
  • 音がなり、起動する
  • 起動するとメニューが表示される

 

EV3のメニュー

  • EV3のメニューは4つのタブで構成されている

 

EV3のタブ1

Playタブ

最近使用したプログラムのリストが表示される

Projectタブ

EV3ソフトウェアで作成したプロジェクトが保存される
プロジェクトを選択すると、その中に作成したプログラムが保存されている

Appタブ

EV3本体に搭載されているアプリケーションを実行することができる

Setupタブ

EV3本体の設定などが行える。音量やスリープ、WiFiなどの設定が可能

 

モーターを回してみよう

  • Lモーターを付属のケーブルでポートAに接続
  • EV3本体のAppタブに移動
  • MotorControlを選択
  • 上ボタンまたは下ボタンを押す
  • 左右のボタンでポートを変更ができる
  • MotorControlを終えるときは左上のボタンを押す

 

センサーを使ってみよう

  • Appタブ内のPortViewを選択
  • センサーを接続するとセンサーの種類が自動認識され、値が測定できる
  • センサーによっては複数の測定モードがあり、中央のボタンを押すと切り替えるメニューが出る

 

タッチセンサー1

  • タッチセンサーは、押されたかどうかを検出する
  • タッチセンサーは、押すと1を出力。押さないと0を出力
    0と1で表されるデジタルで出力

 

カラーセンサー2

  • 中央のボタンを押してCOL‐REFLECTにする
  • 環境光モードと呼ぶ。
    カラーセンサー環境光モードは、センサーに入った周囲の光の量を検出するカラーセンサー環境光モードは、明るいと大きい値を出力、暗いと小さい値を出力、0~100%で表されるアナログ出力

 

カラーセンサー3

  • 中央のボタンを押してCOL‐COLORにする
  • カラーモードと呼ぶ
    カラーセンサーカラーモードは、
    色を検出する
    カラーセンサーカラーモードは、

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7

    ※0はその他の色、識別できない場合0~7で表されるデジタル出力

 

超音波距離センサー

    • 中央のボタンを押してUS‐DIST‐CMにする

<li超音波測距センサーcmモードと呼ぶこのモードでは、物体との距離をcmで表す

  • 中央のボタンを押してUS‐DIST‐INにする
  • 中央のボタンを押してUS‐DIST‐CMにする
  • 超音波測距センサーinchモードと呼ぶ
    このモードでは、物体との距離をinchで表す
    0~255cmで表されるアナログ出力

 

 

ジャイロセンサー

  • 中央のボタンを押してGYRO‐ANGにする
  • ジャイロセンサー角度モードと呼ぶ
    このモードでは、回転した量を検出する
  • 中央のボタンを押してGYRO‐RATEにする
  • ジャイロセンサー角速度モードと呼ぶ
    このモードでは、1秒間あたりの回転量を検出する
    0~9,999degで表されるアナログ出力

 

ところで…デジタルとアナログって?

デジタル

  • 飛び飛びの値しかない量のこと
  • 1と0で表わされるのは、2値デジタル

アナログ

  • 連続した値を持つ量のこと

 

プロジェクトとは

教育用EV3ソフトウェアを見てみよう

  • 教育用EV3ソフトウェアでは、プログラムをプロジェクトという方法で管理している
  • プログラムや画像ファイル、音声ファイルを一括で管理することができる

 

主催 たま工業交流展実行委員会(立川商工会議所:高橋(佑)・石川)
立川市曙町2-38-5立川ビジネスセンタービル12階(JR立川駅より徒歩5分)
TEL 042-527-2700  FAX 042-527-5913  E-mail yu.takahashi@tachikawa.or.jp